バイアグラを始めとしたED治療薬

CONTENTS

バイアグラとは

バイアグラは、アメリカのファイザー社が世界ではじめてED治療薬として開発し販売しました。
これより以前はED治療にとくに有効な手段がなく、この薬を開発した当時は夢のような薬であると高い評価を得ました。
効果の方も、多くの人が効果を実感しています。
この治療薬のおかげで、EDの悩んでいた男性はとてもすくわれたと思います。
バイアグラの効果を十分に発揮されるには、正しい服用の仕方をしなければなりません。
はじめての人は医師に相談してから服用したほうが良いでしょう。

バイアグラは、服用するとだいたい4時間から5時間持続します。
ここで注意しなければならないことがあります。
それは空腹時に飲まなければ効果が半減することです。
できる限り空腹時に飲んだ方がよいと思われます。

また、バイアグラを飲む際に、薬との飲み合わせに注意が必要ですので、もし常時薬を飲んでいる人は医師とあらかじめ相談した方が良いでしょう。
このバイアグラとほかの薬による飲み合わせの問題は重大な事故につながるので、気をつけたほうがよさそうです。
また、だいたいどのくらいのタイミングで服用するべきかというと性行為の1時間ぐらい前が良いです。
このように、使い方を守れば、最高の薬ですのでぜひおすすめします。

シルデナフィルは肺高血圧症治療に効果あり

EDと肺高血圧には意外と深い関係があります。
肺高血圧症というのは、肺動脈圧が上昇する病気を総称したもので、この内の肺動脈性肺高血圧症の治療薬として使用されているのがシルデナフィルです。
シルデナフィルは肺高血圧症治療に使用されていますが、シルデナフィルはED治療薬のバイアグラの有効成分でもあるのです。
肺の血管に存在するPDE5という酵素の活性を抑制させる事でシルデナフィルは肺高血圧症治療に使われているのですが、血流を改善させるという事でEDも肺高血圧も同じなのです。
しかし、ED治療薬のシルデナフィルとは区別をするためにも肺高血圧の治療薬としてはレバチオという名前になっています。
これは特に子供の肺高血圧症に効果が高いといわれていて、海外ではバイアグラを分割して飲ませているケースもあります。

バイアグラは高価な治療薬ですが、肺高血圧症の薬としては安価だという考えからです。
もちろん、バイアグラと同じPDE-5阻害剤という系統のED治療薬はレビトラ、シアリスも同様です。
男性でしたらEDはどうしても治療したいと考える方が殆どでしょう。現在は病院へ行かずとも薬を入手する方法がありますのでED治療をこっそりするということも容易に可能となっています。
そもそもこれらのED治療薬も、元々は違う病気の改善を目指して開発された薬でもあり、様々な副産物で出来たものです。
同時に肺高血圧や心機能改善に効果があるED治療薬はそれだけ安全性が高い証拠でもあるのです。
ご購入にあたっては、ED治療薬 シアリス価格、レビトラ 価格などについて病院やクリニックでの診察・処方料金を事前に確認しておくと良いでしょう。

バイアグラだけが治療薬ではない

世界で販売されているED治療薬はバイアグラだけではありません。
世界のED治療薬の事情は日本国内のそれよりも遥かに進んでいて、一般市場にもジェネリック医薬品が既に販売されているほどです。
ジェネリック医薬品の開発が進むと民間企業が自由に薬の開発を進めていくことが出来ますので、治療薬の進歩も自然と早くなります。
実際に、日本国内には三つの治療薬しか処方が認められていませんが海外ではその数倍以上の薬の種類が既に販売されています。
海外の勃起治療のための薬はかなり多様化しています。

日本国内で処方される薬の全ては内服薬になっていますが、海外の薬には外用薬も販売されています。
勃起不全を治療するための薬として服用するものの中には、身体に対して大きな副作用を生じさせるものがあります。
初期のバイアグラはかなり副作用が強いことで有名でしたし、後年で開発された他の薬に関しても薬による副作用をどうにかして減らすことが考えられてきました。

バイアグラの副作用には、顔のほてり、赤い顔になる、鼻づまり、頭痛などがあらわれます。
こうした副作用が生じてしまうのは、一般的に薬を内服薬にしてしまっていたからです。
薬を服用すると薬の成分が血中に溶け込んで陰茎だけではなく身体じゅうに駆け巡ることになります。
薬の成分が合わない人が使うとこうして血中に溶け込んだ成分が悪さを働くことになるので、他の人にでは出ない副作用で悩まされることになるわけです。

一方で、外用薬に関しては塗るだけなのでそのような体内からの副作用が生じることがありません。
このように、世界で販売されている薬はバイアグラだけではなく既に様々な種類のものが登場しています。