バイアグラを始めとしたED治療薬 > シアリスは副作用が少ないのが特徴

シアリスは副作用が少ないのが特徴

シアリスの特徴としては、数種類ある勃起不全治療薬の中でも副作用が軽めで、副作用の発症率も低くなっています。
顔のほてりが少ないのと、頭痛や胃が不快になることが少ないので、初めての方でも利用しやすくなっています。
シアリスは効果持続時間がとても長く、多少の個人差はありますが平均して二十四時間から三十六時間ほど作用が持続します。
金曜日の夜に服用すると、日曜日まで作用が持続するので、ウィークエンドピルとも呼ばれています。
一度の服用で週末を乗り越えられるので、経済的なコストパフォーマンスにも優れています。
勃起不全治療薬は食事と相性が悪い事が多いですが、シアリスはあっさりとした食事の後なら服用しても効果に影響しません。
メーカーが発表している目安としては、800キロカロリーまでの食事なら問題なく楽しむことができます。
800キロカロリーとは、お寿司で表すと13貫から15貫ほどの量になります。
大切なパートナーと食事も楽しめるのが特徴です。
アルコールは適量なら精神的なリラックス効果を得られると共に、血管を拡張する作用があり血流を良くします。
適量を超えてしまうとアルコールによってシアリスの成分が分解されてしまいクスリの効果が無くなってしまいます。
アルコールは勃起不全の原因ともなってしまうので、出来る限り控えるのが良いです。
シアリスはクスリの効き始めがマイルドなため、性交渉の2時間前には服用しておかなければなりません。
即効性が少ないので、計画的な利用が必要です。
効果持続時間が長く副作用も少なく、食事との相性も悪く無いので、初めて利用する方も安心して服用できます。
効果的に勃起不全を解消できるので、男性としての自信を保てます。