バイアグラを始めとしたED治療薬 > EDの改善以外にも効果があるバイアグラ

EDの改善以外にも効果があるバイアグラ

シルデナフィルは、ED治療薬のバイアグラに使われている成分です。
ホスホジエステラーゼという酵素の働きを阻害する作用があります。
ホスホジエステラーゼとは、血液の流れを悪くさせる酵素です。
年をとったり疲労やストレスがたまったりすると多く作られて、血管を収縮させて血行を悪くします。
勃起は、陰茎に血液が流れ込むことで起こりますから、血行が悪くなると勃起しづらくなります。
これが勃起不全、つまりEDです。
陰茎に流れ込んでくる血液が少ないのですから、いくら性的な刺激を受けても勃起は物理的に困難です。
しかしシルデナフィルを摂取すれば、ホスホジエステラーゼが抑制されます。
すると勃起しやすくなる、つまりEDを改善できるというわけです。
そのためシルデナフィルは、ED治療薬の主成分として使われているのです。
さらにシルデナフィルは、心不全の治療にも使われています。
心不全による息苦しさもまた、血流良くして全身に十分な血液を送り込むことで改善されるからです。
加えて、高血圧の治療にも使われています。
高血圧も、血液が流れにくいことで起こる症状だからです。
つまりシルデナフィルはED改善だけではないということです。
EDに限らず、血行不良による様々な疾患や症状の改善に役立てられています。
また、バイアグラは事前に注意さえしておけば問題無く服用できる比較的安全な薬なのですが、その副作用の中には極めて重大なものも含まれているため事前に確認しておくことが必要です。
特に過去にニュースにもなったバイアグラと硝酸剤の併用による死亡事故などは極めて重要なものですから、服用前には必ず知っておかなくてはなりません。
ではそうしたバイアグラによる副作用を回避するにはどうすれば良いのかというと、まず硝酸剤との併用による死亡リスクについては回避のしようがありません。
狭心症発作などを抱える人にとって硝酸剤を使わないということは現実的ではありませんし、そもそもバイアグラを服用してから発作が出たということになると病院などの医療施設以外では手の施しようがなくなってしまいます。
従って硝酸剤を服用している人に関してはまずそもそもバイアグラを服用しないというようにしなくてはなりません。
では別の副作用についてはどうかというと、これも明確に回避する方法というのはあまりありません。
バイアグラのもつ副作用としては頭痛やほてりといった血管拡張作用によってもたらされるものが多く、こうした副作用は正しく薬が作用しているために出てくるものです。
そのため「絶対に副作用が発生しないようにしたい」というのは極めて難しいと言わざるを得ません。
ただ一応の対策としては飲酒のように血管を拡張することを控えるということが挙げられます。
一応バイアグラ自体は適量の飲酒であれば問題ないとしていますが、アルコールには血管拡張作用があるために同時に摂取すると副作用が強く出てくる可能性があります。
またどうしても副作用がひどいという場合にはバイアグラ以外のED治療薬に切り替えるということも考えられますから、主治医に相談の上検討するようにしましょう。